お知らせ

冷蔵庫

厨房機器の選び方は?絶対押さえるべき3つのポイント

飲食店の開業の際に必要な厨房機器の選び方について紹介します。

厨房機器の選び方だけでなく、新品、中古、リースといったどの形式で揃えるのかも考える必要があります。

よりお得に、使いやすく、安心して営業を続けるために、厨房機器選びは慎重に行いましょう。

厨房機器の選び方3つのポイント

厨房機器を選ぶ際にチェックしたい3つのポイントを紹介します。適当に選ぶのではなく、よく考えて本当に必要なものを揃えるようにしましょう。

設置する厨房のサイズを確認する

厨房のサイズと厨房機器のサイズをよく確認してください。狭い厨房に大きすぎる厨房機器を設置すると、作業の邪魔になってしまうどころか、厨房機器を使えない可能性もあります。

せっかく購入した厨房機器が無駄にならないように、ジャストサイズの厨房機器を選びましょう。

保証やメンテナンスについて確認する

厨房機器のメーカー保証も確認してください。厨房機器が壊れた場合、無償で交換や修理をしてくれます。毎日使う厨房機器が壊れると、営業自体にも大きな支障が出ます。

店内のイメージを明確にする

厨房機器を購入する前に店内のイメージを明確にしてください。どんな料理を作るか、どんな客層が予想できるか、従業員が何人キッチンで作業するか…などです。

これらをきちんと想定しておくことで、選ぶべき厨房機器も自然と見えてきます。

新品、中古、リースのメリット・デメリット

厨房機器の購入方法は、新品、中古、リースといった3つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットを把握して、自分の飲食店にはどの方法が最適か考えてみましょう。

新品

新品は故障のリスクが低い、メーカー保証がついているというメリットがあります。新品だと長く使い続けられます。また、万が一売却することになっても、新品であれば高額での売却が可能です。

デメリットとしては価格が高いという点があります。初期費用を抑えたい方にとっては厳しい方法です。

中古

中古の厨房機器は低価格で揃えられるのが最大のメリットです。早期に閉店した店の厨房機器などはまだ状態が良いものも多く、新品同様の厨房機器を低価格で入手できます。

事前に動作確認をしておく、保証について確認しておかないと、故障した際に高額な修理費がかかるのがデメリットです。

リース

リースは正確には購入ではなく、リース会社に購入してもらった厨房機器をレンタルするというシステムです。初期費用をかなり抑えることができ、メンテナンスの費用も不要です。

リースには審査が必要で、場合によっては借りられない可能性もあり、閉店してしまっても契約期間の途中で解約ができない、長期的に見ると割高になってしまうなどのデメリットもあります。

厨房機器のリース・販売会社の選び方

厨房機器のリース会社、販売会社は、どこでも同じサービスを提供しているわけではありません。

メーカーから直接購入するとサポートをしっかり得られますが、定価での購入となり初期費用がかかります。

中古品を販売している店を選ぶ場合はメンテナンスの方法やアフターケアもきちんと確認しましょう。

数社をピックアップしてから見積もりをとり、それぞれのメリット、デメリットを比較して決めるのがおすすめです。

厨房機器購入の際は慎重に進めよう

厨房機器を購入する際のポイントについて紹介しました。

厨房機器は購入したらそれで終わりではなく、その後のケアについても考慮する必要があります。

ローンやリースの費用などを払い続けられるかどうかをよく考え、無理のない価格の厨房機器、本当に必要な厨房機器を見極めましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


中国语