お知らせ

費用の計算

厨房機器の購入にかかる費用目安や選び方・注意すべきこと

飲食店を開業するには厨房機器は欠かせません。

冷蔵庫、コンロ、食洗機、オーブンなど、飲食店にはさまざまな厨房機器が必要です。

厨房機器を一式揃えるにはどれくらいの費用が必要なのか、その目安を解説します。

厨房機器の選び方、注意点についても確認しておきましょう。

厨房機器の購入にかかる費用目安は200万円

飲食店の内容にもよりますが、厨房機器は新品で購入すると総額で200万円程度かかります。

業務用冷蔵庫や食洗機はそれぞれ30万円から40万円するものもあり、さらにガステーブル10万円、シンク5万円、オーブン30万円をそれぞれ揃えれば、基本的な厨房機器だけですぐに100万円を越えます。

さらにカフェに必須のコーヒーメーカー、居酒屋に必須の製氷機、ラーメン屋に必須のラーメン釜などを揃えていかなければなりません。

必要な厨房機器が多ければ、また最新の厨房機器であれば、200万円以上することもあります。

飲食店の種類別の厨房機器の選び方

飲食店の種類別に、どんな厨房機器が必要なのかを紹介します。

これ以外にも、自身の飲食店には何が必要なのかをよく考えて計画的に購入しましょう。

カフェは豊富なメニューに対応できる厨房機器を

カフェはコーヒーメーカーはもちろん、ドリンクを提供するための製氷機も必要です。

ケーキや焼き菓子を作るオーブン、料理や暖かい飲み物を作るレンジ、サイドメニューのためのフライヤーが必要な場合もあります。

豊富なメニューに対応するさまざまな厨房機器を揃えなければならないため、総額も高くなります。

メニューを絞るなどの工夫が必要です。

ラーメン屋や焼き鳥屋は専用の厨房機器を

ラーメン屋ならラーメン釜、焼き鳥屋なら焼き台など、専門的な厨房機器が必要な飲食店はたくさんあります。

イタリアン料理ならピザ釜も必要です。

厨房に設置するシンプルな厨房機器から、客席や通行人から見てもらうためにデザインされた厨房機器など種類も豊富です。

カレー屋は安定した火力を出せる厨房機器を

カレー屋など煮込み料理を提供する飲食店では、料理の味を維持するために安定した火力が必要です。

季節や天候によって火力が変動しないIHのコンロを取り入れるのもおすすめです。

また、大きな鍋が転がると大怪我につながります。大きめのコンロのスペースをしっかりと取ることも大切です。

厨房機器を購入する際の注意点

厨房機器を購入する際は、提供するメニューに適しているかをよく確認しましょう。フライヤーを購入したものの結局使わなかった場合、無駄な出費になってしまいます。反対に製氷機が小さくて製氷が間に合わなかった場合は買い直さなければなりません。

限られた厨房のスペースを有効活用できるよう、動きやすい配置を考える、コンパクトで機能性の高い厨房機器を選ぶ、奥行を揃えて転倒を防ぐなどの注意も必要です。

厨房機器を購入する費用を用意しよう

厨房機器の費用の目安を紹介しました。

厨房機器は一つ一つが高額で、総額200万円以上かかるケースも珍しくありません。

その分慎重に本当に必要かどうかを見極めることが大切です。冷蔵庫と作業台が一体になっている厨房機器など、便利で機能的な厨房機器もチェックしてみてください。

また、新品ではなく中古の厨房機器を選べばかなり費用を抑えられます。

費用を抑えるために中古品の購入やリース契約なども視野に入れるべきかなども考えましょう。

この記事を書いた厨房屋が提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房屋がこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


中国语